大阪・兵庫の賃貸マンション管理は、レンタックスにお任せください。

総合管理レンタックス

株式会社レンタックス社長、宮野の挨拶を記載しております。

社長挨拶 賃貸マンションオーナー様にとっての「真のパートナー」として

賃貸マンションを経営するオーナー様と賃貸マンションの管理会社との関係とは
どのようなものであるべきかを考えました。
それは「パートナー」であるということこれまで管理会社はオーナー様から依頼のあった業務を行う
「業者」というスタンスであったと思います。
しかし、少子高齢化、経済のグローバリゼーションなど賃貸経営をめぐる環境は大きく変化しています。
そんな中、賃貸経営のプロとしてオーナー様に必要なアドバイスをする
「真のパートナー」が必要とされているように感じます。
オーナー様のニーズは十人十色。
キャッシュフローを最重要とする場合、減価償却を最重要とする場合。
あるいはマーケットが縮小している立地にあっては買い換えの特例を使った資産の組み替えが
急務である場合もあります。
そんなさまざまな「オーナー様の真のニーズ」をインタビューから抽出して最良と思われるアドバイスをする。
それが「真のパートナー」としてのあるべき姿だと考えます。
ときにそれはオーナー様にとって耳障りのいい案ばかりではないかもしれません。
そんな真のニーズを抽出してアドバイスをする。
私たち(株)レンタックスはオーナー様の資産管理の真のパートナーとして入退去管理・入金管理・設備管理は
もとより、資産の組み替え・収支改善アドバイス・資産形成までトータルサポートをして参ります。

トップに戻る